スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014元旦は


DSC_0009.jpg 15a.jpg





元旦には力蔵 (rikiちゃん)が遊びに来てくれたりと

年始の楽しく酔いスタートを切れました

取敢えず開詮したい酒を開けて行きます

七垂二十貫の字が消えちまってる。。笑

お味の評価としては

七垂は開詮後10日くらい目が一番美味かった

意宇の直は酸味の立ち方が前年度の方が好みだだだ。

飛露喜愛山は特有の甘みと辛味にしっかり骨太な酸味

タクシードライバーは25BYで一番FRESH、旨味コクたまりません

今年はタンク3本仕込むとの事です。前年度までは1本

あと、お土産で頂いた (ありがとう~)

神亀の純米吟醸 太古酒 1994醸造

数年前までなら絶対に苦手な部類のお酒だったな

沢山の種類呑むうちに酸味の好みとか深いコクとか

かなり好みも変化してきましたね

とても沢山おしゃべりして飲んでと楽しい元旦だったなー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

: 2014/01/29 (水) 22:25:28

好みの変化・・ 
確かに自分も感じます。
20代の頃の舌の繊細さが今はかなり鈍ってしまっていますが
今だからこそ理解できる旨さもある。
飛露喜愛山はまだまだ開栓しませんよ~~
その時を静かに待ちたいと思います。

Yossy : 2014/02/03 (月) 22:51:42

嘘さん
レス遅くなりました (ペコリ)
日本酒に関してはかなり好みの変化ありですが
舌の方は今が一番繊細に感じとれてるかもしれません
愛山生はお早めにがヨロシイかと、、、。

riki : 2014/02/14 (金) 14:14:34

楽しいかったのよ。
実に。
ヨッシーにも改めて感謝だけど、
何に感謝って奥様に感謝よ。
ほら、二人はノンベーだからいいけどねw

Yossy : 2014/02/25 (火) 00:06:44

rikiちゃん
いつでもお酒用意して待ってるよ
嫁さんもかなり楽しかった様子よ

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。